マガジンハウスananからニュース配信!
news

モテる筆跡はコレ? 文字の書き方でなりたい自分に

2014.12.21 DEC 12:30

「字は人を表す」というように、手書き文字には、無意識のうちに、その人の考え方のクセが表れるもの。それが日々の行動となり、現在のあなたを作っています。

「逆に、文字のクセを変えることで、考え方や行動の意識を改めることもできるわけです。これにより、自分の願う未来や運命に早くたどりつくことができます」と話すのは、筆跡診断士の林香都恵さん。

なりたい自分を実現する、筆跡開運術をレクチャーします!

■ブレない自分になりたい!

「平」「計」「申」などの縦線を、長く力強く書く。自分の進むべき道に対して、モチベーションの高い人に多い筆相。より良い結果を出したい、簡単にはあきらめない、という気持ちを込めながら、力強く伸びる縦線を書こう。

■包容力をつけたい!

ヘンとツクリの間を広くとる。文字のヘンとツクリの間は、書き手の“包容力”を表すといわれます。自分の懐に相手を受け入れるぞ、と考えるようにすると、大事な情報が入ってくるようになり、人脈も豊かに。

■モテたい!

「原」「身」「左」などの左払いをしなやかに長く。華やかで目立つことが好きな人に多い筆相で、芸能人にも多く見られます。左払いを、長くのびやかに弧を描くように書くと、最後まで目配りできるという「モテ文字」になります。

※『anan』2014年12月24日号より

(by anan編集部)