マガジンハウスananからニュース配信!
beauty

「お腹、首の後ろ、足首をあたためて」専門家が冷え症改善法を伝授

2015.01.10 JAN 12:00
足首をあたためて冷えを解消。

女子に多い「冷え」の悩み。目黒西口クリニック院長の南雲久美子先生によると、東洋医学では、「冷え性」を体質ではなく病として扱うため「冷え症」と呼び、様々な不調を引き起こすといいます。

だからこそ、冷え症のことを正しく理解し、その改善法を南雲先生から学びましょう。

*  *  *
Q:なぜ冷え症になるの?

A:気・血・水のバランスが崩れるためです。
「『気』は心身の活動に必要不可欠なエネルギー、『血』は血液、『水』は血液以外の体液をあらわします。このうちの1つでも働きが悪くなると、すべての循環に支障が出て、冷え症をはじめとするあらゆる病気や不調の原因になるのです」

Q:冷え症にはタイプがあるの?

A:6つの冷え症の種類があり、併せ持つ人が多いです。
「もともとの体質だけでなく、生活環境や年齢によって、どの冷え症タイプにもなり得るし、状況によって変わることも。大切なのは、自分の冷え症タイプを知り、それに合った改善法を知ること」

Q:冷えると、どんな不調を引き起こす?

A:生理痛や、生理にともなう症状も冷えが原因!
「生理痛や生理中にあらわれる腹部のハリ、便秘、下痢などの症状も、すべて冷えが大きな要因と考えてよいでしょう。冷えを改善すると、生理時の悩みが激減しますよ」

Q:冷やしてはいけないカラダの部位は?

A:お腹、首の後ろ、足首を温めるよう意識して。
「お腹を温めると臓器の働きが活発になり、代謝機能が活性化します。首の後ろは太い血管が通っているので、温めることで全身に血液が巡るように。また、足先が冷えやすい人は特に足首を温めるのが効果的です」

※『anan』2015年1月14日号より

(by anan編集部)