マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

土田晃之「若者のセックス離れに納得」の理由

2015.04.15 APR 22:00
仮想現実にグラビアアイドル…今はセックス離れが起こっても仕方ない世の中?

「あなたがいいならそれでいいけど」は、坂上忍さんと土田晃之さんが今週のテーマに小気味よく回答する『anan』人気連載。

今回のテーマは「セックスレスカップル」。男子100人に「セックスレスカップルはアリですか?」と聞くと、「アリ」51%、「ナシ」49%という結果に。土田さんの意見はいかに?

* *  *
そもそも日本人のセックス観って、昔も今もベールに包まれた“淫靡なもの”じゃないですか。北欧や欧米のように、子供のときから性病や妊娠について学ぶことも含め、人間にとって当たり前の行動として捉えてもいいんじゃないかと思うんですけど。

日本だと家族のなかでは子供が一番、旦那が二番でしょ。海外だと、赤ちゃんのときから一人部屋で、夫婦が一緒に寝る。これってけっこう大事なことだと思うんですよ。夫婦がパートナーでいられる=セックスができるわけだから。

今の若い人のセックス離れは、ある意味納得。世の中には仮想現実やらグラビアアイドルやら、レベルの高いAVとか、自慰行為で十分満足できちゃうものがあふれていますからね。神聖さのない生身の人間とのエッチなんて…くらいに思っているのかも? 面倒くさいんでしょう。

こうしてセックスレスカップルが取りざたされているけど、その半面、セックス大好きカップルも増えているはずですよ。昼顔妻しかり、浮気している人なんていっぱいいるんじゃないの?

※『anan』2015年4月22日号より

(by anan編集部)