マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

岡田将生壊れる? 『水曜どうでしょう』監督の新ドラマ

2015.05.07 MAY 12:00
(右)おかだ・まさき 俳優。主演映画『ストレイヤーズ・クロニクル』が、6/27より公開予定。また、8/7よりパルコ劇場にて、舞台『ウーマン・イン・ブラック 黒い服の女』に出演。(左)すずい・たかゆき タレント、映画監督、作家。作家として、そして出演もしているバラエティ『水曜どうでしょうClassic』がHTB水曜24:15~ほかで放送中。(右)おかだ・まさき 俳優。主演映画『ストレイヤーズ・クロニクル』が、6/27より公開予定。また、8/7よりパルコ劇場にて、舞台『ウーマン・イン・ブラック 黒い服の女』に出演。(左)すずい・たかゆき タレント、映画監督、作家。作家として、そして出演もしているバラエティ『水曜どうでしょうClassic』がHTB水曜24:15~ほかで放送中。雪に埋もれた田舎町の便利屋に、若き脚本家の竹山(岡田将生)が迷い込む。そこにいたのはおせっかいを絵に描いたような松井(鈴木浩介)と離婚歴3回の梅本(遠藤憲一)。竹山は、おかしな町を脱出しようとするのだが…。毎週金曜24:12~、テレビ東京系で放送中(テレビ大阪は毎週月曜23:58~)。

舞台は北海道の名もなき田舎町。そこで便利屋を営む男たちのドラマ、『不便な便利屋』。

脚本&演出は、あの名作バラエティ『水曜どうでしょう』でお馴染みの鈴井貴之さん。ひょんなことからその町に迷い込む主人公を演じるのが、岡田将生さん。鈴井さん曰く、“壊れた岡田くんが見られますよ!”だそうで…!? 岡田さん、鈴井さんにお話を聞きました。

*  *  *
岡田:現場で監督(鈴井さん)が僕に、「とにかくオーバーに! オーバーに!」って言うんですよ。正直、こんな大げさな演技は今までやったことがなかったので…。

鈴井:どうやら毎日前の晩に、役者同士、翌日どう演じるか話し合ってたらしいんですよ。だったらその通りにやらせちゃうのは悔しいって思いまして(笑)。もともと僕は、岡田くんが映画などで繊細な青年の役をやっていたのを見て、いい役者だな、と思っていたんです。そのイメージを壊したくて、いろいろやってもらっちゃいました。まぁその根源は、イケメンへの嫉妬ですが(笑)。

岡田:僕だけじゃなく、遠藤憲一さんも相当壊されてましたけど…(笑)。実はこの企画をいただいたときに、資料に“ドキュメンタリータッチで撮影する”と書いてあったので、正直イヤな予感はしていたんです。僕は、『水曜どうでしょう』のファンですから、ねぇ…(笑)。

鈴井:それならイヤな予感しかしないですよね(笑)。

岡田:でも、きっと飛び込んだらおもしろいと思って、雪の北海道で2か月間の撮影に挑んだんです。おかげさまで、毎日笑いっぱなしでした。

鈴井:今回は驚くほど素敵なキャストに参加していただけることになって、せっかくなら皆さんの既存のイメージを、良い意味で裏切るようなものを演じてもらいたいと思ったんです。岡田くんに関しては、今まであまり見たことがない、“ズルい顔”っていうのが、結構ありますよ。

◇おかだ・まさき 俳優。主演映画『ストレイヤーズ・クロニクル』が、6/27より公開予定。また、8/7よりパルコ劇場にて、舞台『ウーマン・イン・ブラック 黒い服の女』に出演。

◇すずい・たかゆき タレント、映画監督、作家。作家として、そして出演もしているバラエティ『水曜どうでしょうClassic』がHTB水曜24:15~ほかで放送中。

◇雪に埋もれた田舎町の便利屋に、若き脚本家の竹山(岡田将生)が迷い込む。そこにいたのはおせっかいを絵に描いたような松井(鈴木浩介)と離婚歴3回の梅本(遠藤憲一)。竹山は、おかしな町を脱出しようとするのだが…。毎週金曜24:12~、テレビ東京系で放送中(テレビ大阪は毎週月曜23:58~)。

写真・内山めぐみ(岡田さん、鈴井さんお二人の写真)

※『anan』2015年5月13日号より

(by anan編集部)