マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

“ラノベ女優”栗山千明 おすすめは“萌え”×ミステリー

2015.05.12 MAY 08:01
『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』西尾維新(著)、take(イラスト) 講談社文庫 781円

エンタメ要素が強く、挿絵も多いことから、読みやすい本として根強い人気を誇るライトノベル。読んだことのない人は、まずは詳しい人のオススメ本から入ってみては。ラノベマスターのひとり、女優の栗山千明さんに話をききました。

読書家として知られる栗山さんですが、ここ数年はラノベに夢中。好きが高じ、『このライトノベルがすごい!』大賞の第1回から選考に関わっている。

「私にとっての魅力は、ライト=気軽に読めるところ。また挿絵によって、キャラクターが想像しやすいのも長所だと思う。物語の世界観が強く、読んでいるとトリップしているような感覚になれるところが好き。ライトノベルはアニメ化される作品も多く、注目のジャンル。新作がどんどん出るところもいいですね」

では、ラノベ初心者におすすめの“ジャンル”を3つ教えてください!

「学園生活など、日常が舞台になっている“日常系”と呼ばれるもの。活字ならではの言葉遊びや、セリフのやり取りが面白いです。それと、戦いを描いた“バトル系”。設定がちょっと突拍子もないこともありますが、だからこそ、想像力がかき立てられて、読んでいてワクワクします。そしていわゆる謎解きの“ミステリー系”。重厚なミステリー小説と比べると気軽に読めるのに、読み応えを十分に感じられるのはさすがです! このあたりから入ると、楽しいと思います」

アンアン読者におすすめの作品は?

“萌え”と“ミステリー”の融和という世界観を持つ、“戯言(ざれごと)シリーズ”。主人公の<ぼく>は19 歳。日本海に浮かぶ小島で出会う天才たちと、そこで起こる密室殺人をテーマにしたミステリー。「コレは本当にハマってしまい、面白くて一気に読みました。ライトノベルの枠を超えたミステリー」

◇『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』西尾維新(著)、take(イラスト) 講談社文庫 781円

写真・土佐麻理子

※『anan』2015年5月13日号より

(by anan編集部)