マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

北村一輝さんもずっきゅん! 魔性の美猫“あなごちゃん”

2015.06.03 JUN 13:00
あなご ZOOプロ所属。『ねこタクシー』で映画デビュー、『猫侍』で愛らしい白猫“玉之丞”を演じる。人見知りな性格で、鳴き声も小さめ。北村さんの懐がお気に入りの場所。あなご ZOOプロ所属。『ねこタクシー』で映画デビュー、『猫侍』で愛らしい白猫“玉之丞”を演じる。人見知りな性格で、鳴き声も小さめ。北村さんの懐がお気に入りの場所。北村さんとあなごの萌コンビがたまらないドラマ『猫侍 SEASON2』が全国15局ネット、BSフジ他にて放送中。映画『猫侍 南の島へ行く』は今秋に全国ロードショー。(C)2015「続・猫侍」製作委員会二人の十八番、あなごボール!あなごちゃんの美猫っぷりに北村さんの愛がとまらない!

ドラマ『猫侍』に出演し、一躍、猫界のスターダムに駆けのぼったあなご。元々は緊張しやすく、人見知りな女のコだというあなごの人生(?)を変えたのは、北村一輝さんとの運命的な出会いだった。

「初めて会った時から、あなごのそばにいることが自然というか、“楽”ですね。撮影当初から何の苦労もなく、僕の懐でじ~っとしていてくれるし、一緒にいて居心地がいいんです。『猫侍』の撮影現場では、何十匹もの猫と会う機会がありましたけど、あなごといるのが一番安心する。性格が合うんだなって感じます。あと、あなごは顔立ちが整っていて、どのコよりも美人。おとなしいし、品があるし、行儀もいいし…なんか俺、親バカみたいだな(笑)」

そんな北村さんの“あなご愛”にさらに火を注いでいるのが、あなごのツンデレぶりなのだそう。

「他の人が『あなご』って呼ぶと『ニャ~』と返事をするくせに、俺が呼ぶと“プイ”って向こうを向いて無視したりするんですよ。“今まで俺の懐でぬくぬくしていたのに、コイツ~”って、完全にあなごに振り回されてますね。そのくせ、懐で安心して眠ってくれたりするのが、また可愛い。撮影の休憩時間に、あなごが寝てるからと思って、トイレに行くのを我慢したこともありました(笑)」

普段は撮影現場でしか顔を合わせない二人。でももし1日だけ、北村さんがあなごと一緒にオフを過ごすことができるとしたら…?

「まず、あなごにとって居心地のいい空間を作ることから始めますよね。危ない物や場所がないようにして、自由に遊べる空間を作ってあげて…。あなごを迎え入れた後は、ずっと自由にさせておきたい。あなごのペースで、好きにリラックスしてくれることが一番嬉しいんです。お互い好きなことをして、“ただ、一緒にいる”っていうオフの日がいいですね」

◇きたむら・かずき ‘69年生まれ。俳優。映画『寄生獣 完結編』、ドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』など、数多くの作品に出演。以前は“姫”という名前のロシアンブルーの愛猫と一緒に暮らしていた経験あり。

◇北村さんとあなごの萌コンビがたまらないドラマ『猫侍 SEASON2』が全国15局ネット、BSフジ他にて放送中。映画『猫侍 南の島へ行く』は今秋に全国ロードショー。(C)2015「続・猫侍」製作委員会

◇あなご ZOOプロ所属。『ねこタクシー』で映画デビュー、『猫侍』で愛らしい白猫“玉之丞”を演じる。人見知りな性格で、鳴き声も小さめ。北村さんの懐がお気に入りの場所。

※『anan』2015年6月10日号より。写真・天日恵美子 スタイリスト・中村 剛 ヘア&メイク・奥川哲也(dynamic)

(by anan編集部)