マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

年間10万匹が殺処分…人気玩具に隠された猫たちの真実

2015.06.07 JUN 22:00
企画を立ち上げたのは公益財団法人アニマル・ドネーションという、動物と人間の共生を目指す活動を行っている団体。今後はボックスで遊んでいる猫の動画コンテストなども開催予定だとか。

「人」と「動物」の真の意味での「共生」を目指し活動している一般社団法人アニマル・ドネーション。そんな同法人が企画したのが、猫を愛してやまない人たちが集まって誕生したのが、この猫専用の特別なおもちゃでした。

段ボール箱の内側から飼い主が指をぴょこぴょこ出すと、それを猫がパシッパシッと叩く。これがいま話題の“猫もぐらたたきBOX”実はこれ“クラウドファンディング”を利用して作られたおもちゃ。

いま日本では、1年で約10万匹弱の猫が行政施設で殺処分されている現状があることを知ってもらい、それを減らすための活動に賛同してくれた人がファンドに寄付。

そのお金でボックスを製作し、寄付した人はボックスをもらえ、余った資金は保護猫カフェ「ネコリパブリック」に寄付される、というしくみ。猫も飼い主も嬉しいって、なんて素敵な取り組み!

つまり、「猫もぐらたたきプロジェクト」とは、こんな仕組みです。

1.猫もぐらたたきを購入する。

2.猫と遊びながら、保護猫の現実を知る。

3.その利益が保護猫のために使用される。

4.保護される猫が増える。

2022年2月22日までに、猫の殺処分0ゼロを目指します!

◇今後はボックスで遊んでいる猫の動画コンテストなども開催予定だとか。

※『anan』2015年6月10日号より。写真・土佐麻理子 丸尾和穂 文・河野友紀 

(by anan編集部)