マガジンハウスananからニュース配信!
food

レストランジャーナリストNo.1のサングリアは麹町にあり

2015.06.19 JUN 20:00
サングリアは¥580。この日のお通し(¥500)は鶏のコンソメと岩手県葛巻高原牧場産モッツァレッラチーズのカプレーゼ風。夏には冷たいスープのことも。サングリアは¥580。この日のお通し(¥500)は鶏のコンソメと岩手県葛巻高原牧場産モッツァレッラチーズのカプレーゼ風。夏には冷たいスープのことも。春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)東京都千代田区麹町3-12-9 キャナル麹町2F TEL:03・3263・1816 18:00~23:00LO(土曜~22:00LO) 日・祝日、第2土曜休 休日ごとに地方のワインメーカーをたずね、リスト70種のうち半分は足を運んでいるという。

東京を中心に、国内外の食文化、レストラン事情をレポートしている、レストランジャーナリスト・犬養裕美子さんがお薦めのレストランをご紹介。今回は、『春風駘蕩(しゅんぷうたいとう』)のサングリアです。

* *  *

「食前に何かお飲みになりますか?」と聞かれて、戸惑うことがある。食前酒の女王はシャンパーニュかそれを使ったカクテル。でも、ちょっとした店だと1杯1500円前後は当たり前。なので、見栄を張る必要がないなら、食事にも合う白ワインで逃げるが、それじゃテーブルに華がない。そこで最近はサングリアを選ぶことにしている。

サングリアはスペインの食前酒。赤ワインにオレンジや苺などのフルーツを加え、シナモンで香りを引き締める。甘酸っぱさと、コクのバランスがとっても絶妙。1杯500円から700円と御手頃なのもうれしい。

マイ・ベストは、麹町『春風駘蕩』の自家製サングリアだ。この小難しい店名は、“しゅんぷうたいとう”と読む。意味は“春風のようにゆったりと”。2011年11月に大塚将央シェフとあゆみさん夫妻が始めた日本ワインとタパスのバルだ。

サングリアはあゆみさんのレシピ。「実はベースはチリや南アフリカ共和国の赤ワイン。ここに日本のワインをブレンドしています」。パンチのある果実味に控えめな酸味。気がつくと2杯目を飲んでいることも珍しくない。その理由は気が利いたお通しがあるから。鶏のコンソメにプチトマトとチーズの串刺し。どうやらサングリアの旨い店は“正直な店”らしい。

◇サングリアは¥580。この日のお通し(¥500)は鶏のコンソメと岩手県葛巻高原牧場産モッツァレッラチーズのカプレーゼ風。夏には冷たいスープのことも。

◇春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)東京都千代田区麹町3-12-9 キャナル麹町2F TEL:03・3263・1816 18:00~23:00LO(土曜~22:00LO) 日・祝日、第2土曜休 休日ごとに地方のワインメーカーをたずね、リスト70種のうち半分は足を運んでいるという。


※『anan』2015年6月24日号より。写真・清水奈緒 取材、文・犬養裕美子

(by anan編集部)