マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

タモリは口説くのが最も難しい男!? 構成作家が理由語る

2015.07.23 JUL 20:00
「超メジャーになってもストイックなのが人気を保つ秘訣です」辛酸なめ子さん。「超メジャーになってもストイックなのが人気を保つ秘訣です」辛酸なめ子さん。『タモリ倶楽部』(毎週金曜24:20~24:50 、テレビ朝日系)は今年33年目を迎える人気の深夜番組。

世間は大人の男ブーム。若い女性たちは経験を重ねて身につけた色気と余裕、そして頼れる存在感に魅力を感じています。大人の男というと俳優を支持する声が多いですが、いぶし銀の魅力を放つ男たちは、まだまだいます!

漫画家、コラムニストの辛酸なめ子さん、構成作家の勝木友香さんの二人はタモリLOVE。「“好きなものだけ好き”な背中を追いかけたくなる」(勝木さん)と語るタモリさんのその魅力をお二人が語り尽くしてくれました。

◆「独自の健康法にこだわる男」辛酸なめ子さん

毎日のようにテレビに出ているのにアンチエイジングなタモリ氏は、やはり健康法にこだわりが。1日1食や洗わない入浴法、両方とも福山雅治さんもやっているそうで、説得力大。超メジャーになってもストイックなのが人気を保つ秘訣です。

◆「口説くのが難しい、こびない男」勝木友香さん

世の中で、口説き落とすのがいちばん難しい男性がタモリさんではないでしょうか。私は同じ福岡県の出身で、いつかそれを口実に話しかけたいと思っていました。でもある日、「福岡出身です」と話しかけた芸人さんに対して「俺、そういうアピールするやつ嫌いなんだよね」とおっしゃったという話を耳にして…。作為的な“仲良くしたいです”攻撃が通用しない人だと痛感しました。ミュージカル女優さんに対して「俺、ミュージカル嫌いなんだよね」と話す姿を見たこともあるし、きっと、自分から好きになったものしか受け入れてもらえない。私がいくら美人に生まれ変わろうが、頭が良くなろうがダメでしょうね。『笑っていいとも!』に出演されていたときは毎日お顔を拝見していたので、勝手に身近な存在に感じていましたが、実は近づけない人。そして“タモリさんのカレー”“タモリさんの行きつけ”というと、みんなが“食べたい、行ってみたい!”と価値を認める人。その不思議な距離感とスター性に、惹き付けられてしまうのです。

◇辛酸なめ子 漫画家、コラムニスト。近著に『諸行無常のワイドショー』(ぶんか社)、『女子校育ちはなおらない』(KADOKAWAメディアファクトリー)など。幻冬舎plusにて「次元上昇日記」を連載中。

◇勝木友香 構成作家。『サワコの朝』(TBS系)や『浜ちゃんが!』(NTV系)、『極上空間』(BS朝日)、『なぜ?そこ?』(テレビ朝日系)など数々の人気番組を手がけている。


※『anan』2015年7月29日号より。取材、文・重信 綾 古屋美枝 薮内加奈

(by anan編集部)