マガジンハウスananからニュース配信!
food

夏バテを乗り越えよう!酸っぱ系レシピで元気を取り戻す

2015.09.19 SEP 17:45
夏バテを乗り越えよう!酸っぱ系レシピで元気を取り戻す

朝晩の気温も落ち着き、秋も間近。過ごしやすい季節を元気に迎えるためにも、夏の疲れを解消したいところです。夏バテを引きずって、やる気が出ないあなたにぴったりの体力回復メニューを紹介しましょう。

何だかダルイ、疲れが抜けない、食欲不振……そんな夏バテの症状が続く人におすすめしたいのが「酸っぱ系」レシピ。レモンや梅干しなどに含まれるクエン酸が、夏の疲れ回復を手伝ってくれるのです。

私たちの体には「クエン酸サイクル」と呼ばれるエネルギー工場があり、食事から得た栄養素を消化分解し、このサイクルに取り込むことによって、活動に使うエネルギーを作っていると考えられています。

ところが、夏の暑さによる影響や食欲不振による栄養バランスの低下があると、クエン酸サイクルの動きが鈍くなりエネルギーが不足してしまうことに……。同時に、正常に動かなかったクエン酸サイクルのなかでは、疲労物質となる乳酸が蓄積されてしまう可能性が。

こうしたクエン酸サイクルを正常に動かすために、直接働きかけてくれるのが酸っぱい食材に含まれるクエン酸です。クエン酸が豊富に含まれるのは、梅干しやレモン。また、酢に含まれる酢酸は体内でクエン酸に変わってくれます。

なかでも、おすすめなのが梅干しです。そのまま食べても良し。お湯に混ぜて梅湯にしたり、おにぎりの具材にしたりと幅広く使えます。毎日の食事に取り入れるなら、手軽に使える「梅ソース」を試してみましょう!

■お手軽万能!「梅ソース」
【材料】
梅干し   3~5個
しょうゆ  小さじ2
酒     大さじ2
みりん   小さじ1
練りワサビ 小さじ1

【作り方】
1.梅干しは種をとり、実を包丁でたたいて細かくつぶす
2.梅干し以外の材料をボウルに入れよく混ぜる
3.つぶした梅干しを入れて、よくかき混ぜれば完成

使い方は簡単。サラダのドレッシングや肉料理のソースとしてかけるだけ。さらにオリーブオイルを加えれば、マリネ液としても使えますよ。

クエン酸を含む食材は、唾液の分泌を促し、胃酸をフォローする役割もあります。疲れた胃腸を活発にして、食欲もわいてくるかも。簡単で美味しい酸っぱ系メニューで、夏の疲れを吹き飛ばしましょう!

(by anan NEWS)