マガジンハウスananからニュース配信!
food

はあちゅう「ジブリ作品の中にいるよう」勝負デートはこの店!

2015.09.26 SEP 21:00
ビーフシチュー¥2,450ビーフシチュー¥2,450カウンター席からは調理人の手さばきを間近に見られる。このロゴがお店の目印。カウンター以外にテーブル席もある。

デートにはおしゃれな店を選ぶというセオリーが存在しますが、ここぞというときに一味違ったデートを演出したいなら、料理人の小気味よく調理する姿が粋なお店をセレクトするのもあり。ブロガーのはあちゅうさんが推薦するのは、「ヨシカミ」。

「厨房が食べている場所から見えるようになっているんですが、シェフをはじめ、スタッフの手際がすごくよくて、まるで映画を観ているような小気味よさがあります。特にオムライスのできていく様子は、延々と見ていても飽きないです。食事をしていると、ジブリ作品の中にいるような錯覚を覚えました。デートで行くと、二人でタイムスリップしたような気持ちになれると思います。オススメはビーフシチュー。お土産に、カツサンドも買うと翌朝が楽しいですよ」(はあちゅうさん)

ヨシカミは「うますぎて申訳けないス!」のコピーでお馴染み。親子3代で通う客も多い。昔ながらの洋食店らしく、オードブルからビフテキまで豊富なメニューが揃う。自慢のデミグラスソースはトマトピューレから手作りする本格派。「手間ひまかけることを惜しんじゃ、美味しいものは作れないよ」とは店長の吾妻弘章さん。老舗の味を守り続ける気概がそこにある。

■ヨシカミ 台東区浅草1‐41‐4 六区ブロードウェイ 11:45~22:30(22:00LO) 木曜休(祝日の場合は営業) 平日の17:00までは日替わりでお得な、たっぷりランチ(¥1,750)を提供。お土産に人気のカツサンドは¥1,100。TEL03・3841・1802

◇はあちゅう ブロガー、作家、コメンテーター。電通、トレンダーズを経てフリーに。ちゅうもえ&ちゅうつねサロン運営中。『半径5メートルの野望』(講談社)など著書多数。


※『anan』2015年9月30日号より。写真・横山新一 取材、文・坂本 愛(店)

(by anan編集部)