マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

グルメドラマ『本棚食堂』 「監督よりADが偉い!」ワケは?

2015.10.05 OCT 12:00
『本棚食堂』 昨夏の2本、8月の4本に続き、10月6日23:15~毎週火曜、新たに4回分がNHKBSプレミアムにて放送される。今回は、姫川ロザンナの結成秘話が明かされるなど、見逃せない展開が!『本棚食堂』 昨夏の2本、8月の4本に続き、10月6日23:15~毎週火曜、新たに4回分がNHKBSプレミアムにて放送される。今回は、姫川ロザンナの結成秘話が明かされるなど、見逃せない展開が!書庫で見つけたレシピをふたりの手で再現。「基本的に、本の記述通りに。書かれていない部分はアイデアを出し合います」(小澤さん)。「レシピに対する嘘はなし!」(吉見さん)

「締切から逃れたい…」、ライターとしての心の声がうっかり漏れてしまったが、ドラマ『本棚食堂』の主人公、少女漫画家・姫川ロザンナのペンネームを持つ男性コンビも同様のようで。彼らは、締切という現実から逃げたくて、小説や漫画に出てくる料理を作り始める。

「最初の企画書ではズバリ“逃避飯”というタイトルでした。受験勉強のときに、ふだんはしないくせにやたら部屋を掃除したくなって、無心でやってしまう。そういうのって面白いなというのが企画の原点です」とプロデューサーの吉見健士さん。

このドラマにおいて、料理は主役ともいうべき存在。美味しそうに撮影するためにあらゆる工夫を凝らす。

「音は大切ですね。ジューッと焼く音が入るとぐっと食欲を増しますから。寄りのカットを入れてみたり、毎回、試行錯誤しています」と、同じくプロデューサーの小澤寛さん。

そもそも、古今東西、膨大な数の本や漫画から、どうやってレシピを探してくるのだろう。

「最初は選書家やリサーチャーにお願いしました。『任せてください』と言われたので安心してたら、10日ほど経って無理だと…。小説1冊から5行くらいの料理描写を探すのは、砂漠で水を探すような作業なんです。結果、ADが国会図書館に2か月通いつめて200冊くらい目星をつけました。続けていくと、ページをめくっていて光が差すらしいですよ。もうね、監督より、努力してレシピを探してくるADが偉い! 次があるとしたら、レシピを探さない者には監督させません(笑)」(吉見さん)

実は、吉見さんは『孤独のグルメ』のプロデューサーでもあり、小澤さん曰く「グルメドラマブームの仕掛け人」。ブームにある背景って?

「ひとり飯が女性を含めて、一般的になったのが大きいですね。あとは、ごはんの画力。小澤さんも話されてましたが、数秒でも長く、美味しい料理を見てもらうことには、とことんこだわっています」(吉見さん)

◇『本棚食堂』 昨夏の2本、8月の4本に続き、10月6日23:15~毎週火曜、新たに4回分がNHKBSプレミアムにて放送される。今回は、姫川ロザンナの結成秘話が明かされるなど、見逃せない展開が!


※『anan』2015年10月7日号より。文・小泉咲子

(by anan編集部)