マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

世界一有名な宮殿誕生に秘められた愛と奇跡が明らかに!映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』

2015.10.07 OCT 15:00
『ヴェルサイユの宮廷庭師』

17世紀のフランスにおいて、ルイ14世の栄華のシンボルといわれているヴェルサイユ宮殿。330年以上経った今なお多くの人を魅了しつづける豪華絢爛の宮殿誕生の裏側と、ある女性庭師を描いた美しい愛のドラマが話題の映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』。

1682年、フランスの田園地方で女性庭師のサビーヌは、ひとり孤独に暮らしながら、造園家として樹木や土と格闘していた。そんなある日、サビーヌの元へ思いがけない知らせが届くことに。それは、フランス国王ルイ14世のヴェルサイユ宮殿の庭園建設計画への参加を求めるものだった。

面接では責任者である庭園建築家ル・ノートルと対立してしまうものの、サビーヌの感性に新たな可能性を感じたル・ノートルはサビーヌに〈舞踏の間〉の建築を任命する。そして、ル・ノートルはサビーヌの仕事に対して真摯に向かう姿勢と人柄にいつしか惹かれていくことに……。ヴェルサイユ庭園誕生の裏側で名もない女性庭師が起こした奇跡、そして秘められたロマンスとは?

オスカー女優のケイト・ウィンスレットは、撮影時に第3子を妊娠していたにも関わらず、「サビーヌはわたしよ!」と言って、厳しい撮影にも全身全霊で立ち向かって演じたとのこと。さまざまな困難に見舞われながらも、男性顔負けの力強さで乗り越え、誇りと信念を持ってまっすぐ前に進んでいくサビーヌの姿には同じ女性としてパワーをもらえます。

本作は、「ヴェルサイユ宮殿の〈舞踏の間〉が女性造園家によって造られたものだったとしたら?」という設定をもとに女性脚本家が、実在の人物とサビーヌを巧みに組み合わせて誕生した稀有な愛と勇気の物語。仕事への情熱だけでなく、同じ目標を持つもの同士だからこそ生まれる恋愛の純粋さにも心を奪われます。

そして、目を奪われるもう一つの見どころは、宮廷で繰り広げられる華やかな世界と美しいヴェルサイユ宮殿の景色。完成した庭園を見ることができる圧巻のシーンでは、まるで貴族の一員にでもなったような豪華な気分に浸ってください。

しっかりとした土台を作り、一つ一つ積み上げて庭園を作り上げていく様子は、どんな仕事でも、いつの時代でも通ずる普遍的なもの。特に男社会で働く女性や新たなことに挑戦している女性にはグッとくること間違いなしです。美しい映像の数々は、ぜひスクリーンで堪能してください。

イベントデータ:
『ヴェルサイユの宮廷庭師』
公開表記:10月10日(土)より角川シネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマほか全国公開
配給:KADOKAWA
© BRITISH BROADCASTING CORPORATION, LITTLE CHAOS LIMITED, 2014

(by anan NEWS)