マガジンハウスananからニュース配信!
love

女の武器は涙より料理! 彼に「結婚したい」と思わせる3つの習慣

2015.10.21 OCT 12:45
女の武器は涙より料理! 彼に「結婚したい」と思わせる3つの習慣

そろそろ、男性にチヤホヤされるだけでなく、「結婚したい」と思わせる女性になりたいもの。そこで必要になるのは、料理の腕。涙が女の武器として使えるのは、彼の気を引いたり、離れそうな気持ちをつなぎとめたりする程度なもの。しかし、おいしい料理は彼の胃袋をがっちりとつかみ、結婚後の生活を想像させることができます。

彼に料理上手と思われるためには、生活感をさりげなくアピールしましょう! 毎日の生活のなかで3つの習慣を続けることで、理想の奥さんとして印象づけることができます。

1. 毎週の常備菜づくり
週末や休日は、きんぴらごぼうやひじきの煮物などの常備菜をまとめて作るようにします。和食の常備菜が常にストックされていることで、栄養バランスが整いやすくなり、料理上手なイメージを与えることができます。お肉を使った常備菜もレパートリーに加えれば、彼の食欲をより掻き立てられるかも。甘く炊いた牛肉のしぐれ煮を作っておくと、ササッと牛丼を用意できるので、彼に喜ばれること間違いなし!

2. 残り物のアレンジ料理
肉じゃがやカレー、ポテトサラダなど大量に作りがちな料理は、あえて残る程度に作るのがミソ。肉じゃがやポテトサラダは、衣をつけて揚げるだけでコロッケにアレンジすることができます。カレーはグラタンやドリアに活用できるし、和風だしと合わせればカレーうどんも楽しめます。また、酸味が出てきたキムチを豚肉と炒めれば、簡単に豚キムチが完成。手を抜きつつもテクニックをアピールできるので、いくつかのアレンジパターンを覚えておきたいですね。

3. お弁当
毎日でなくてもかまわないので、定期的にお弁当を作りましょう。同棲中なら、もちろん彼のお弁当も一緒に作って。実際に食費の節約にもなりますし、やりくり上手と思わせることもできるので、一石二鳥です。週末に作る常備菜は、お弁当の隙間を埋めるのに役立ちます。加えて、毎日作るメイン料理を少しだけ冷凍保存するようにしておくと、お弁当のおかずに使えます。こうした習慣を続けておくと、朝の作業はお弁当箱に詰めるだけで仕上がることも。先々を考えて作り置きをしておくのがお弁当作りを続けるコツです。

料理を毎日の習慣にすると、効率性はどんどんアップします。要領さえつかめば、大して手を掛けなくても凝った料理に見せることも難しくありません。何より大切なのは、楽しむこと。

おいしいごはんを最高の笑顔でふるまえば、彼の胃袋とハートはきっと一生あなたのもの、かも!?

(by anan NEWS)