マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

若手俳優が“男惚れ” 恋多き男、西田敏行の魅力

2015.10.26 OCT 20:00
にしだ・としゆき '47年生まれ、福島県出身。明治大学を中退、'70年劇団青年座に入団し、初舞台を踏む。数々のドラマ、映画、舞台で活躍。最近ではドラマ『釣りバカ日誌新入社員 浜崎伝助』『民王』、映画『マエストロ!』『ラブ&ピース』などに出演。歌手としてもその歌声には定評が。にしだ・としゆき '47年生まれ、福島県出身。明治大学を中退、'70年劇団青年座に入団し、初舞台を踏む。数々のドラマ、映画、舞台で活躍。最近ではドラマ『釣りバカ日誌新入社員 浜崎伝助』『民王』、映画『マエストロ!』『ラブ&ピース』などに出演。歌手としてもその歌声には定評が。西田さんは実は恋多き男だった?

存在感はとてつもなく大きいのに、一度口を開けば、小粋なトークが次々と。共演する若い俳優たちが“男惚れ”する俳優・西田敏行さん。その魅力は、これを読めばわかります。

おもしろいと評判のドラマや映画には、必ず重要な役で出演している…と言っても過言ではない、俳優・西田敏行さん。あるときはドスの利いたヤクザ、またあるときは腹に一物ありそうな会社員…。政治家、医者、徳川家康など、西田さんに演じられない役は、もはやこの世にはないような気がします。

――例えば『アウトレイジ ビヨンド』のヤクザ役や、ドラマ『アイムホーム』で演じた、事件の黒幕だった小机部長など。“悪い役”って、楽しいですか?

西田:役としてはおもしろいですね。ただヤクザ役って、日本の俳優だったら誰でもできるんですよ。

――え?!

西田:“型”が決まってるんです。ダミ声にして「ウスッ!」とか言えば、ヤクザっぽくなる。その要素は男だったら誰でも持ってるものだから、そんなには難しくはない。そもそも男って、「悪い男になってみたい」という気持ちが、どっかにあるんですよ。憧れみたいな。だから悪役のオファーは、そういう意味でもモチベーションが上がります。僕みたいな、ホント、ピュアな青春時代を送ってきたような男にとっては、特にね。

――ピュア…で、いらしたんですか? 先日、西田さんの親友・松崎しげるさんに取材でお話を伺った(1966号)ときには、「昔は二人で六本木でナンパしまくってた」っておっしゃってました。聞き間違いでしょうか…?

西田:あの、六本木では、女性に会ったら声をかけるのが礼儀だったんですよ、当時は。イタリア男を気取ってましたから。ま、それはそれとして(笑)、個人的にはホントピュアでしたよ。好きな女の子ができても、だいたいちょいワルな男に持っていかれちゃうっていう。

僕が好きになる子は、「あんな男ダメだよ、やめとけよ」って僕が言っても、「大丈夫」とか言って、そっち行っちゃうんですよ。邪険にされたり、大事に扱ってもらってなかったりするのに、「幸せよ」って。そっちがいいって…。「オレのほうが、こんなに純粋に愛してるのに…!!」って言っても、「西田くんはいい人なの。でも、ごめんなさいね、それだけなのよ」って(笑)。もうね、腹たちまっせ。そういうことが何度あったかわからない、20歳前後の頃。女の人って、全然理解できないやって思ってました。でも今振り返ると、単に自分がMだったのかとも思いますけどね。

――その方々、今幸せに暮らしていらっしゃいますでしょうか…。

西田:どうですかね、その後の消息は知りませんけど、まぁ私が呪いをかけてますから(笑)。それは冗談ですが、そういう経験もあって、悪い男になってみたいっていう気持ちはありましたね。あと、21歳くらいのときは結婚願望がものすごく強くて。確か当時、4回くらい恋をしたんですけれど…。

――なかなか恋多き男で(笑)。

西田:ハハハ(笑)。それで、その4回とも、結婚を申し込んだんです。でも見事に全部フラレました。「結婚みたいなこと、考えてるんだけどさぁ…」とか言うと、「あ、結構で~す!」ってみんな去っていく。ようやく27歳のときに、今の妻と入籍できました。でも最近の若い人は、あんまり結婚しないよねぇ。うちの娘2人も、全然その気がないみたい。

――元・恋多きイタリア男からしたら、信じられない?

西田:ホントですよ(笑)。昭和とは価値観が変わってきたなと、実感することは多いですね。でも、自分と違う価値観に対して、イヤな感じは持ちませんし、むしろおもしろいと思いますよ。現場で一緒になる若い世代の俳優さんやクリエイターと話をしていると、新しい発見がたくさんあるんです。こういう人たちがこれからの世の中を作っていくわけですし、それはいったいどんな社会になるのかなって想像すると、結構楽しいですよ。

今回ドラマ『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』で、僕が映画で演じていた浜崎伝助役を、まだ20代の濱田岳くんが演じるんですが、彼もすごくおもしろい価値観を持ってる。それは僕ら世代とは全然違うものなんだけど、だからこそ、カッコいいなって思います。

――共演なさった若い世代の俳優さんが、インタビューなどで“尊敬する役者は西田敏行さん”と発言なさる方が多い印象があるのですが、若い世代からそう言われるご気分は?

西田:いやぁ、それはもう、本当に嬉しいことです。そんなふうに見ていただけているなんて…。彼らは今の時代のリズムを持ち、今の空気を吸いながら生きている世代で、そういう人たちの声は、僕にとってはすごく貴重で、大事なものなんです。若い世代と一緒に仕事ができるありがたさを、噛みしめてますよ。「昔は良かった、昔は良かった」って言ってるような先輩には、なりたくないですからね。

◇映画では22 作も続いた名作が、10/23よりシリーズ初の連続ドラマ化。金曜8時のドラマ『釣りバカ日誌新入社員 浜崎伝助』は、テレビ東京系で放送。共演に広瀬アリス、吹越満ら。三谷幸喜氏が脚本&監督を務める出演映画『ギャラクシー街道』が全国東宝系で10/24より公開。

◇にしだ・としゆき '47年生まれ、福島県出身。明治大学を中退、'70年劇団青年座に入団し、初舞台を踏む。数々のドラマ、映画、舞台で活躍。最近ではドラマ『釣りバカ日誌新入社員 浜崎伝助』『民王』、映画『マエストロ!』『ラブ&ピース』などに出演。歌手としてもその歌声には定評が。


※『anan』2015年10月28日号より。写真・内田紘倫

(by anan編集部)