マガジンハウスananからニュース配信!
beauty

ストレスは美容の大敵!パワーポーズで簡単メンタルケア

2015.11.13 NOV 18:30
ストレスは美容の大敵!パワーポーズで簡単メンタルケア

仕事や人間関係で疲れ、ストレス満載の日々を送るあなた! 背中を丸めて、うつむいていませんか?

ストレスを受けると身体が固くなり、姿勢が悪くなりがち。無意識のうちにやっているその姿勢が、実はストレスを悪化させているのだとか。身体と心はつながっているもの。ストレス軽減させたいなら、その姿勢から見直してみましょう。

ストレスを感じたときに起こるうつむいた状態や猫背は、「ローパワーポーズ」と呼ばれるもの。何でもないときにこのポーズをとると、内気になり、ストレスを感じやすくなるとも言われています。

こうした姿勢とは逆に、良い気分のときにとる「パワーポーズ」があります。パワーポーズとは、身体を大きく開き、自分を大きく見せるような動作のこと。ストレスがあるときにパワーポーズをとることで、気分転換になることがわかっています。

社会心理学者であるエイミー・カディの研究によると、個室で2分間、パワーポーズをとった人は、ストレスによって分泌されるコルチゾールが減ったとのこと。また同時に、自信を高めるとされるテストステロンは20%増加。つまり、パワーポーズによって、ストレスが緩和され、自信がわいて前向きな気持ちになれたというのです。

パワーポーズにはいくつか種類がありますが、そのほとんどが力強さをアピールしたり、喜びを感じたりしたときに、自然と出てしまう動作です。

例えば、マラソン選手がゴールした時に両手を上げるポーズもそのひとつ。大きく胸を開き、上向きのポーズが良い効果を与えるようです。また、スーパーマンのように足を少し広げ、両手を腰に当てて胸を張るポーズもあります。そのほか、ガッツポーズや仁王立ちなど、元気なときは無意識に取ってしまうアピールのポーズを真似してみましょう。

ストレスを避けるのは難しいけれど、気分転換を行うことで、身体の疲れが楽になります。ストレスがあると、身体の不調にもつながりがち。美容と健康のためにも、毎日2分のパワーポーズで、ストレスとサヨナラしてみませんか?

(by anan NEWS)