マガジンハウスananからニュース配信!
food

彼のハートをがっちりつかむ ほっこり「鶏団子鍋」のレシピ公開!

2015.11.18 NOV 20:00
秋冬はお家で鍋デートもありかも。秋冬はお家で鍋デートもありかも。味の三変化、パターン2。黒すりごま大さじ2とコチュジャン小さじ1を加えて、韓国風味にチェンジ。味の三変化、パターン3。鍋に卵を割り入れ、白身が固まってきたら、スープや残りの具と一緒にご飯を入れた器にかけて。黄身をつぶしていただきます♪わたなべ・まき 料理家。旬の食材を使った、優しい味わいのレシピが大好評。最新刊は『重ねて火にかけるだけで絶品おかず』(家の光協会)。

寒くなって外に出るのが億劫な日は、彼とお部屋で鍋デートはいかが? 彼のハートをがっちりつかむ鍋レシピを、料理家のワタナベマキさんが伝授!

■ごぼう入り鶏団子で、彼の胃袋も大満足! 鶏団子と水菜の柚子鍋

・材料(2人分)
鶏ひき肉……300g ごぼう……1/2本 ちくわ……4本 長ネギ……1本 水菜……1/2束
<A>長ネギ(みじん切り)……1/2本 しょうが(みじん切り)……1かけ 片栗粉……小さじ1 酒……大さじ1 しょうゆ……小さじ2 塩……小さじ1/3
水……5カップ 酒……50ml 昆布……5cm角1枚 しょうゆ……小さじ2 塩……小さじ1/3 柚子果汁……大さじ1 柚子の皮……適量

・作り方
1.ごぼうはささがきにして水に3分さらし、水気を切る。
2.鶏ひき肉にAを加えて粘りが出るまで混ぜ、1を加えて混ぜ合わせる。
3.鍋に酒、水、昆布を入れ中火にかけ、ひと煮立ちさせる。
4.2をスプーンですくい落とし、アクを取りながらひと煮立ちさせ、斜めに2等分したちくわ、1cm幅の斜め切りにした長ネギを入れ、さっと煮る。
5.弱火にし約5分煮てしょうゆ、塩を加えて味を調え、食べやすい長さに切った水菜と、柚子果汁、千切りにした柚子の皮を加える。

■これなら飽きない! 味の三変化テク

パターン1:まずはそのままで。ごぼうと水菜のしゃきしゃき感が楽しい。ちくわからも良いダシが。

パターン2:黒すりごま大さじ2とコチュジャン小さじ1を加えて、韓国風味にチェンジ。

パターン3:鍋に卵を割り入れ、白身が固まってきたら、スープや残りの具と一緒にご飯を入れた器にかけて。黄身をつぶしていただきます♪

◇わたなべ・まき 料理家。旬の食材を使った、優しい味わいのレシピが大好評。最新刊は『重ねて火にかけるだけで絶品おかず』(家の光協会)。


※『anan』2015年11月25日号より。写真・津留崎徹花 スタイリスト・荻野玲子 撮影協力・UTUWA

(by anan編集部)