マガジンハウスananからニュース配信!
food

さっと作れて、ヘルシーでおいしい! 最強豆乳鍋レシピ

2015.11.19 NOV 12:00
炒めたにんにくと乾燥小エビが、味に深みをプラス。まろやかな口当たりにほっと癒される!炒めたにんにくと乾燥小エビが、味に深みをプラス。まろやかな口当たりにほっと癒される!おおしお・あゆみ 料理家。出張料理「あゆみ食堂」としてのケータリングも大好評。朝日新聞デジタルで「あゆみ食堂のお弁当」を連載中。

帰宅が遅くなるから、料理はめんどう。でも、ヘルシーなものを食べたい。そんな時こそ、お鍋。

「切って煮るだけだから、なんといってもスピーディ。野菜は火が早く通るよう薄めに切る、ダシがよく出る食材や乾物を使うなど、ちょっとした工夫でさらに手早くできます。今回のレシピは、すべて15分ほどで完成しますよ」(料理家・大塩あゆ美さん)

ひとりだからこそ楽しめる鍋レシピを、大塩さんに聞きました。

■ヘルシーでおいしい最強鍋! きのこと豆腐の豆乳鍋

・材料(1人分)
きのこ(しめじ、えのき、舞茸)200g 木綿豆腐150g にんにく(みじん切り)1かけ分 小エビ(桜海老より小さい乾燥のもの)大さじ3  ごま油大さじ1  酒大さじ2 薄口しょうゆ大さじ1 豆乳1カップ 鶏がらスープ2カップ しょうが(すりおろし)1かけ分 お好みで細ネギ(小口切り)適宜 塩少々

・作り方
1.きのこは食べやすい大きさに裂いたり切ったりしておく。
2.鍋にごま油とにんにくを入れ、強火にかける。
3.2でにんにくの香りがたってきたら、干しエビを加えて炒め合わせる。
4.3にきのこと酒と薄口しょうゆを加えてサッと炒めたら鶏がらスープと手でくずした豆腐を入れる。煮立ったら豆乳を加え、蓋をして中火弱で7~8分煮込む。
5.蓋を開けてしょうがを加え、塩で味を調える。細ネギを散らす。

◇炒めたにんにくと乾燥小エビが、味に深みをプラス。まろやかな口当たりにほっと癒される!

◇おおしお・あゆみ 料理家。出張料理「あゆみ食堂」としてのケータリングも大好評。朝日新聞デジタルで「あゆみ食堂のお弁当」を連載中。


※『anan』2015年11月25日号より。写真・津留崎徹花

(by anan編集部)