マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

人とのめぐり逢いが人生を変える! 映画『パリ3区の遺産相続人』

2015.11.19 NOV 18:15
『パリ3区の遺産相続人』

名脚本家として知られているイスラエル・ホロヴィッツが初監督作品に選んだのは、自身のオリジナル舞台劇をもとに製作された感動のヒューマンドラマ『パリ3区の遺産相続人』。

疎遠だった父親が亡くなり、パリのマレ地区にあるアパルトマンを相続したマティアス。このアパルトマンを売却して、借金を抱える負け犬人生をリセットしたいマティアスは、ニューヨークからパリを訪れていた。部屋数も多く、庭付きのアパルトマンとわかり、高値を期待するマティアスだったが、誰もいないはずのアパルトマンには老婦人のマティルドが娘とともに住んでいたのだった。

しかも、「ヴィアジェ」というフランス独特の不動産売買制度により、元所有者であるマティルドが亡くなるまでアパルトマンは相続できない上に、毎月2,400ユーロの支払いまでしなければいけないという事実が発覚し、父親から相続したのは遺産ではなく、負債だとわかり激怒するマティアス。

しかし、なぜ父親は異国のパリにこのアパルトマンを買い取ったのか? そこには、長年隠されていた“ある秘密”があった。そして、マティアスとマティルドと娘のクロエは、胸に秘めてきた思いを打ち明けることになる。アパルトマンをめぐり、それぞれが迎える運命とは……?

今回取り上げられているフランスの不動産売買制度「ヴィアジェ」は、なんと200年以上前から現在まで存在するシステム。通常より安いことがメリットのようですが、毎月定額の家賃を支払い続け、売主が亡くなるまでは買主に家が引き渡されることがないというギャンブル性の高さには驚きです。日本では浸透するのはなかなか難しいと思われるだけに、異国の興味深い制度を垣間見ることができるのも見どころのひとつ。

また、本作ではマティアス役のケヴィン・クラインをはじめ、マギー・スミスやクリスティン・スコット・トーマスといった実力派俳優たちの共演が実現。ときおり見せるユーモアと皮肉が絶妙に絡み合い、物語に深みを与えています。傷ついた心を抱えながらも、人生を見つめ直し、新たな一歩を踏み出す3人に人生の希望を感じずにはいられません。

そして、もう一つの主役といえば、パリ。観光客のみならず、地元のパリっ子たちにも人気の高いマレ地区やセーヌ川など、まるでパリを散歩しているかのような気分を味わること間違いなしです。ぜひ、秋にぴったりの大人の人生ドラマにしっとりと浸ってみては?

イベントデータ:
『パリ3区の遺産相続人』
公開表記:11月14日(土)、Bunkamuraル・シネマほかロードショー
配給:熱帯美術館
© 2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting Corporation. All Rights Reserved.

(by anan NEWS)