マガジンハウスananからニュース配信!
love

顔が良い男は「彼氏じゃなくていい」 anan女子が求める“男の魅力”とは

2015.11.22 NOV 15:00
イケメンでも人間として魅力がない人はNG!

anan読者200人超で作る「anan総研」。今回のテーマは「男の魅力」。

「これまで男性に惹かれたとき、顔が決めてになることが多かった?」との質問にYESが40%、NOが60%という結果に。「どんなに顔が良くても、食べ方が汚いなど生理的NGな面があると魅力が半減」(21歳・学生)、「イケメン好きだけど、鑑賞だけで満足。彼氏じゃなくていい」(24歳・自営)など、anan女子の過半数は内面重視のよう。

anan総研メンバーの尾谷萌さん(28歳・医療商社)、中村朝紗子さん(23歳・ライター)、武田奈々さん(25歳・PR)の3人にも「男の魅力」ついて語っていただきました。

* *  *

尾谷:恥ずかしながら昔は、男の魅力=顔だと思ってた。

武田:私もそうだった。でもイケメンってすごくモテるから、付き合ってても不安や嫉妬でいっぱいで…。周りからはうらやましがられても、心が穏やかになることはほとんどなかったよ。

中村:年を重ねるごとにドキドキよりも安心を求めるようになるから、最近は顔の良さがそれほどの魅力とも思えなくなってきた気がする。

尾谷:じゃあ、二人がいま考える男の魅力ってどんなもの?

武田:まず思い浮かんだのは気遣い力。彼女が落ち込んでいるときの振る舞い方とか、自分を犠牲にしてでもその場が丸くおさまる判断をするとか、そういうところに男としての器の広さを感じて、キュンとする。

中村:私は生命力の強さ。たとえば極端な例だけど、もし無人島に二人で取り残されたときに「俺もう無理だ~」とか泣き言いわれるとイラッとしちゃう(笑)。どんな状況でも前向きに考えて乗り越えようとする頼り甲斐に、男の魅力を感じるな。

武田:たしかに一緒に生きていくなら、男気のある人がいいよね。萌ちゃんはどう?

尾谷:私は男らしい体かな。顔は生まれつきのものだけど、体は生活習慣や自己管理力がもろに出るでしょ。だから男らしく鍛えられた体には魅力を感じるし、尊敬の念も抱く。

中村:なるほどね。じゃあ逆に、こんな男にはゲンメツするっていうことはある?

武田:私、SNSに「日々精進」とかって、自分の精神論を書く人はちょっとイヤ…。

中村:あ~いるよね、そういう人! 自分の心の中にとどめておけばいいのに(笑)。

尾谷:あと爪や歯が汚かったり、清潔感がない人。おしゃれする前に、まずはそこきちんとしようよって思っちゃう。

中村:アンケートでは食べ方や話し方にゲンメツするって声も目立ってたよね。

武田:まあ厳しい意見が並んでいるように見えるけど、人としての身だしなみはきちんとしてほしいってことだと思う。

尾谷:そのとおり。最低限のラインがあるって話。

武田:ここまで話してきて思ったけど、私たちが考える「男の魅力」って、「男」というより「人間」としての魅力といったほうがわかりやすいかもしれない。

中村:そうだね。滲み出る人間力こそ男の魅力。好き放題言わせてもらったけど、女の魅力も、また同じことが言えそうだね。


※『anan』2015年11月25日号より。文・中村朝紗子(C)FRANCESCO CURA

(by anan編集部)