マガジンハウスananからニュース配信!
food

冬の豆知識。皮まで使ったレモンレシピで風邪予防!

2015.11.25 NOV 15:45
冬の豆知識。皮まで使ったレモンレシピで風邪予防!

レモンのさわやかな香りや酸味は、何となく夏のものというイメージ。でも、レモンの旬は冬です。国産レモンは10月ごろから3月にかけて出荷シーズンを迎えます。ビタミンCが豊富なレモンは、旬の時期にいただくことで、冬の風邪予防にもつながります。

ワックスのかかっていない国産レモンは、皮までしっかり使えます。レモンには皮の部分にもポリフェノールが含まれているので、絞って果汁を使うだけではもったいない! そこで、冬に食べたい皮ごと使うレモンレシピを紹介します。

・さわやかな酸味がクセになるレモン鍋
昆布だし3カップにみりんと薄口しょうゆを少しだけ入れ、レモン1個を搾って、鍋のベースになるスープを用意します。そこへ、豚バラのような脂身の多い肉、白菜や大根、ネギ、キャベツなどの野菜、カボチャやじゃがいもなどイモ類を入れます。材料に火が通ったら、薄めの輪切りにしたレモンをたっぷり入れ、10分ほど煮込んで完成です。

・材料2つの手軽さも魅力なレモンパスタ
バター大さじ1とレモン半分が、ひとり分のパスタソースの材料です。塩をたっぷり入れたお湯でパスタを茹でますが、このとき、鍋の上にバターを入れたボウルやソースパンを置いて湯煎にかけて溶かします。そこへ絞ったレモン汁を入れ、パスタを和え、レモンの黄色い表皮の部分をすりおろしてトッピングしたらできあがり!

どちらもパパッと作れる料理なので、旬のレモンを使って、爽やかな味を楽しんでみて。

(by anan NEWS)