マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

今年の邦画で1番? 橋口亮輔の7年ぶり新作「恋人たち」

2015.11.27 NOV 20:00
主人公を演じるのは無名の新人。脇を固めるベテラン勢に全く引けをとらない演技に、ラストは感涙。監督&脚本/橋口亮輔 出演/ 篠原篤、成嶋瞳子、光石研ほか テアトル新宿ほかで全国公開中。主人公を演じるのは無名の新人。脇を固めるベテラン勢に全く引けをとらない演技に、ラストは感涙。監督&脚本/橋口亮輔 出演/ 篠原篤、成嶋瞳子、光石研ほか テアトル新宿ほかで全国公開中。(C)松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

オネエ系映画ライター・よしひろまさみちさんの映画評。今回は、よしひろさんが2015年邦画ナンバーワンと言ってはばからない映画『恋人たち』です。

*  *  *

最近の邦画ってハリウッドや韓流の焼き直しに見えてしまうのはあたしだけ? 昔の邦画には世界に打って出るオリジナリティと日本でしか作り得ない傑作がたくさんあるっていうのに、近頃スペクタクルとかラブとかにこだわりすぎてる気がするのよね~。そんなモヤモヤを一気に解消してくれたのが橋口亮輔監督、7年ぶりの新作『恋人たち』よ!

通り魔事件で妻を失い、心の傷を癒しきれないアツシ。平凡な生活に飽きているところに、外の世界を教えてくれる男が現れて心が揺れる主婦・瞳子。完璧主義ゆえに人への気づかいには欠ける弁護士・四ノ宮。この3人と、彼らをとりまく人々との関係性を描きながら、現代社会に巣くう絶望と希望をあぶりだしたのが本作。単純な感想は出ないし、人によって見どころも変わる群像劇なんだけど、ホンットこれ大傑作。橋口監督ってこれまでの作品もそうだったけど、人へのまなざしが細かくやさしいのね。『ハッシュ!』なんてすごくマジメなゲイ問題を扱いながらコミカルに描ききってるし、『ぐるりのこと。』だって超絶重い夫婦愛を社会的な事件とからめて、人間のありようってのを描くことに成功しているの。で、この作品も、不器用に生きる人たちをシリアスにもコミカルにも描出して、確実に身近にいる人たちや自分を重ねられるという仕掛け。コレよ、コレ。最近の邦画に足りなかったものってコレ!

派手さはゼロなんだけど、観ている人が「あるある」とじんわりやんわりと思うだけじゃなく、お悩み解決とまではいかないまでも「こういう人もいるんだ……」と共感と癒しを与えてくれるのよ。

あたしが個人的にキタのは、弁護士の四ノ宮。彼は仕事上はとってもデキる弁護士として辣腕をふるっているんだけど、じつはその裏は我欲のかたまり。「自分が、自分が!」っていうタイプの男、いるでしょ? その典型なのね。ただ、賢いがゆえにそれを表には出さずに、近しい人にだけぶちまけるのよ。これがとてつもなく痛い。痛すぎる。というか、若い頃の自分を見ているようで、気恥ずかしいやら情けないやら。人への思いやりをしてるように見せて、じつは自分のことしか考えていない人ってとても多いと思うけど、その自覚は経験でしか得られないものなのよね。そういった人生の真理、っていうべきものを、映画として表現できるなんて、マジ橋口監督、神! ちなみに四ノ宮がゲイっていうのもまた、我が身を振り返る設定。あぁ、あたしも若かりし頃、男にこういう態度とったかも……と反省ザル。

このように、おそらくあたしだけじゃなくて、観た人全員が自分もしくは誰か近しい人を思い出し、反省なり共感なりをできるという映画は、あまり出てくるもんじゃないわ。しかも、どこにもスターがいるわけでもなければ、人が殺されるわけでもなく、えらく平坦な物語構成なのに、なんなの、この観賞後の感動は!? コレこそ、近年の邦画に欠けていた感動よ。こういう映画こそ、日本を代表して世界に打って出るべきだと思うの。地味だからって敬遠するのは、マジもったいないから! 特に大人の女性には観てもらいたい、人への思いやりと心遣いにあふれた傑作。さぁ、劇場へ走って!

◇主人公を演じるのは無名の新人。脇を固めるベテラン勢に全く引けをとらない演技に、ラストは感涙。監督&脚本/橋口亮輔 出演/ 篠原篤、成嶋瞳子、光石研ほか テアトル新宿ほかで全国公開中。

(C)松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ


※『anan』2015年12月2日号より。文・よしひろ まさみち(オネエ系映画ライター)

(by anan編集部)