マガジンハウスananからニュース配信!
love

上品なのに色っぽい! 恋活中の女性なら覚えておきたい3つのしぐさ。

2015.12.06 DEC 16:15
上品なのに色っぽい! 恋活中の女性なら覚えておきたい3つのしぐさ。

色っぽい女性を目指しているはずが、セクシーになりすぎてはいませんか? 色っぽさを出すにあたって、欠かせないのが「品」です。足を組み替えたり、胸元を見せつけたりといった仕草は、ときに「下品」な女性と見なされることも……。では、どんなしぐさをすれば上品な色っぽさを出せるのでしょうか。

色っぽさは、露骨なしぐさよりも、何気ない動きのなかに感じるもの。上品でありながら内側からにじみ出るような色っぽさを出すには、「ゆっくり、丁寧に」を意識して。

その1. 髪を片側に流す
髪が長めの人は、片側に流すだけで一気にエレガントな雰囲気に。首筋からのぞくうなじが、絶妙な色気を漂わせます。ヘアスタイルの魅力だけでなく、流すときのしぐさが艶っぽさを高めるポイント。たとえば、髪を左に流す場合は、首を軽く左に倒し、左手を後ろから回して右耳付近に置いたら、髪をすべて左側に流し寄せます。この動きで自然とうなじをアピールすることもできますよ。

その2. 軽く微笑みながら2秒間、目を合わせる
気になる男性がいるときは、アイコンタクトを上手に利用して。おもむろに上目遣いをする人がいますが、男慣れしている印象を与える可能性があるので、できれば控えて。おすすめの方法は、会話の最中に軽く微笑みながら彼と目を合わせ、そのまま2秒間みつめるというもの。2秒目を合わせたら、ゆっくりとまばたきをしながら視線を逸らしましょう。上品な微笑みとゆっくりとした表情の動きが、落ち着きのある色気を醸し出します。

その3. 手を使うときは指先を意識する
指先の動きは、案外見られているもの。書類を渡す動きだけでも、片手で雑に渡すのと、両手を添えて丁寧に差し出すのでは、印象がずいぶん異なります。また、頬に手を添えるときは、指のカーブに柔らかさを意識して。指先まで神経が行き届いた品のよい動きは、女性らしさを感じさせます。

どのしぐさも、女性としての美しさを引き出してくれるものばかり。品のある女性を目指し、自然な色っぽさを目指してみませんか?

(by anan NEWS)