マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

いよいよ六本木に上陸!『フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展』

2015.12.06 DEC 16:15
いよいよ六本木に上陸!『フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展』

関東地方のみなさん、お待たせしました! 先に京都で開催されている話題の展覧会がいよいよ東京に上陸! 2016年1月14日から、六本木の森アーツセンターギャラリーで『フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展』がはじまります。

本展では、メトロポリタン美術館、ロンドン・ナショナル・ギャラリー、アムステルダム国立美術館から来日した17世紀オランダ美術の名作を中心にまとめて紹介。かなりゴージャスな展覧会です。

見どころは、「光の画家」と呼ばれるフェルメールの作品《水差しを持つ女》。光が降り注ぐ室内で女性が水差しを持っている、という素朴な日常を描いた作品ですが、やわらかな光の効果が画面全体に行きわたり、心地よい空気感が伝わってきます。

現存する作品が30数点というフェルメールの作品はどれも貴重ですが、そのなかでも今回紹介される絵画は傑作のひとつ。しかも日本初公開なので、この機会は見逃せませんね!

また、フェルメールと並ぶオランダの巨匠、レンブラントの作品《ベローナ》も初来日。光と影のコントラストが美しいレンブラントの初期作は必見です。

本展は東京のあと、福島県立美術館に巡回します。お近くの美術館で、ぜひオランダの名画たちを味わってみて!

イベントデータ:
『フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展』
会期:2016年1月14日(木)~2016年3月31日(木) ※休館日は1月19日(火)
時間:10:00 ~ 20:00 ※ただし、1月26日(火)、2月2日(火)・9日(火)・16日(火)・23日(火)は17:00までの開館 ※入館は閉館の30分前まで
会場:森アーツセンターギャラリー
料金:一般 1,600円/大学・高校生 1,300円/4歳~中学生600円/3歳以下は無料

(by anan NEWS)