マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

DAIGOの「限界超えた経験」が活きた BREAKERZが新曲リリース

2015.12.15 DEC 20:00
ブレイカーズ 左からSHINPEI(G)、DAIGO(V)、AKIHIDE(G)。メンバーのソロ活動を経て今年再始動。5月に第1弾シングル『WE GO』、7月にアルバム『0-ZERO-』をリリース。ブレイカーズ 左からSHINPEI(G)、DAIGO(V)、AKIHIDE(G)。メンバーのソロ活動を経て今年再始動。5月に第1弾シングル『WE GO』、7月にアルバム『0-ZERO-』をリリース。16th Single『YAIBA』【初回限定盤CD+DVD】¥1,700 【初回限定盤B CD+スペシャルフォトブック】¥1,600 【通常盤CD】¥1,000 TVアニメ『カードファイト!!ヴァンガードG ギアースクライシス編』オープニングテーマ。(ZAIN RECORDS)

この夏『24時間テレビ』のマラソンランナーに選ばれ、見事に完走したDAIGOがボーカルを務めるBREAKERZ。バンド活動休止からの再始動と、DAIGOさんの人生を賭けた挑戦が重なり、バンドとしても大きく飛躍した‘15年だった。

「100 kmマラソンはなかなかチャレンジできることではないし、やって良かったという気持ちはあります。この先、どんな大変なことがあっても乗り切れると思うし、人生で最高に限界を超えたあの経験のおかげで、今後は何でも前向きに頑張れると思えるんですよね」(DAIGO)

再始動第2弾シングル『YAIBA』は、人気アニメのオープニングテーマにもなっている。この曲の歌詞にも挑戦者・DAIGOさんの熱い思いが反映されている。

「100 km走ることは自分への挑戦、自分との闘いです。人は必ず戦わなきゃならないときがあるし、その限界を超えたときに人としてレベルアップできるし、新しい世界が見えてくる。一人でできない場合は支えてくれる人たちに助けられ、普段出せないパワーが出せる、そんなメッセージをテーマに、歌詞を書きました。それは勉強でも仕事でも共通することだと思います」(DAIGO)

まさにあの100kmマラソン成功あっての特別な曲が誕生。

「戦いがテーマのアニメ作品の曲だったので、とにかく鋭い楽曲を作ろうと思いました。ツインギターがガッと攻めてくるサウンドになったので、仮タイトルを『YAIBA』と名付けたら、DAIGOくんがぴったりの歌詞をつけて世界観をまとめてくれたので、そのままタイトルになりました」(AKIHIDE)

一昨年の3月からバンド活動を休止し、それぞれがソロ活動をしていたBREAKERZ。その経験はバンドにとって変化を促したよう。

「一緒に6年活動してきて、常に制作、リリース、ツアーと続いていて、例えが変かもしれないけど、お腹がいっぱいなのにもう次のごはん…みたいな状況になっていました。でもソロを経てリフレッシュでき、自分がまっさらな状態になって、またバンドと向き合うことができた。またこの3人でやれる嬉しさと喜びを感じています」(SHINPEI)

「個人個人がソロでやりたいことをやり遂げ、お互いの刺激にもなり、気分転換にもなり、何か見えたものもあったと思う。客観的にBREAKERZのことを考えることができたよね。クルマだとしたらピットインして休ませながら、こういうカラーリングもいいねとか、バンドを外から見ることができたのが本当にデカくて。その結果、シングル『WEGO』とアルバム『0-ZERO-』が生まれ、この『YAIBA』に繋がったと思います」(DAIGO) テクニックに長けた2人の凄腕ギタリストと、バラエティでも大活躍するカッコいいボーカリストから成るロックバンド。他には見当たらない唯一無二の存在だ。

「僕がテレビに出たことで、BREAKERZを知ってくれた方も大勢います。音楽が僕の基盤ということはこの先も変わらないので、もっと聴いてくれる人が広がっていくと嬉しいかな」(DAIGO)

◇ブレイカーズ 左からSHINPEI(G)、DAIGO(V)、AKIHIDE(G)。メンバーのソロ活動を経て今年再始動。5月に第1弾シングル『WE GO』、7月にアルバム『0-ZERO-』をリリース。

◇16th Single『YAIBA』【初回限定盤CD+DVD】¥1,700 【初回限定盤B CD+スペシャルフォトブック】¥1,600 【通常盤CD】¥1,000 TVアニメ『カードファイト!!ヴァンガードG ギアースクライシス編』オープニングテーマ。(ZAIN RECORDS)


※『anan』2015年12月16日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・高見佳明 ヘア&メイク・小田桐由加里(unvicious) 文・北條尚子

(by anan編集部)