マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

ゲッターズ飯田が開運ポイントを公開! 2016年前半のカギは…

2015.12.18 DEC 12:00
2016年前半は茶道、花嫁修業が◎?

占いでおなじみのゲッターズ飯田さんが、2016年前半「これが来る!」というものを、ジャンル別にピックアップ。積極的に取り入れれば、運も開けるはず!

■趣味は……茶道に花嫁修業、習い事に邁進せよ!

学びを深めるのに最適の年。独学よりも、カルチャースクールなどで人と交流するほうが、開運につながります。習い事は全般的にいいのですが、茶道や華道など、歴史や伝統にまつわることをすると、さらに運気はアップ。結婚したいなら、花嫁修業もいいでしょう。料理など、してあげられることがないと、男性から求められもしませんからね。

■仕事は……地道ながんばりが評価されるとき!

モノマネに勝機のある年なので、仕事がデキるようになりたければ、お手本にしたい相手のやり方をマネること。また、これまで一つの仕事に絞ってコツコツがんばってきた人が、評価される機運。逆に、あれこれマルチにこなしてきた人は、失速気味に。どれか一つの専門性を高めたり、資格を取得することで、ピンチを回避できそうです。

■人間関係は……ひと手間かけた付き合いを大切に

困った時に助けてくれる“本当の”友達が必要な時代になります。友達を大切にすることで、自分の運気もアップ。一方、家族に関しては、感謝はいいけれど、依存はダメ。実家暮らしや金銭的な援助は断って、きちんと自立するべきです。また、手間のかかることが開運につながる年なので、メールより、対面や手紙での交流を心がけましょう。

◇げったーず・いいだ 四柱推命などさまざまな占いや、約4万8000人を鑑定した膨大なデータから、独自の「五星三心占い」を考案。新刊『ゲッターズ飯田の運の鍛え方』(朝日新聞出版)が好評発売中。


※『anan』2015年12月25日号より。文・保手濱奈美 (C)byryo

(by anan編集部)