マガジンハウスananからニュース配信!
beauty

かかとのガサガサを撃退!今日からはじめるベビーフットの作り方

2016.01.01 JAN 13:00
かかとのガサガサを撃退!今日からはじめるベビーフットの作り方

今年も乾燥の季節がやってきました! 冬になるときになるのが、かかとのひび割れ……。ガサガサのかかとは、ストッキングやタイツを伝染させ、悪化すれば割れて痛みが出ることも。いつでもつるつるのベビーフットを目指して、今日からできるケアをはじめましょう。

赤ちゃんのようなツルふわのかかとを作るためには、まずは食事の見直しから。意外なようですが、実は大きく関係しています。赤ちゃんの足の裏がつるつるなのは、細胞の分裂が活発で、しかも、その機能が正常に働いているからです。

この細胞分裂をサポートすると言われているのが、タンパク質とビタミンA。特に、ビタミンAが不足すると、かかとの荒れやイボのような吹き出物が増えるのだとか。ビタミンAが豊富で、タンパク質も一緒に摂れる食材は、魚の「タラ」。油と一緒に摂ることで吸収が良くなるため、鍋よりムニエルにするのがおすすめです。

すでに乾きはじめたかかとをケアするなら、靴下を使ったパックを試してみて。かかとには皮脂腺がなく、油分のたくわえが少ないため、乾燥しやすい場所。普段のケアにプラスして、かかとの保湿を行いましょう。

荒れたかかとにワセリンを塗り、ラップを貼ります。その上から、しっかり靴下を履いて保護してあげましょう。ラップは20~30分程度ではがしてください。ラップが気になるなら、使わなくてもかまいません。靴下でしっかり保護・保温することでしっとりしたかかとに。加えて、血流を良くすることも大切です。足首を回して血流を良くすることで、かかとケアになり、冷え改善にもつながります。

こうしたケアは入浴後に行うのがベスト。温まったかかとにワセリンを塗り、靴下を履いたら、足首を回す……ひとつの流れを作って習慣づけるとよいでしょう。

冬に素足を出すことは少ないけれど、荒れた肌を見続けるのはなんとなくイヤなもの。つるつるふわふわのかかとを目指して、できることから試してみてくださいね。

(by anan NEWS)