マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

竹野内豊 新作映画で「“やりきった”みたいな気持ちになれなかった」

2016.01.06 JAN 12:00
たけのうち・ゆたか 現在公開中の映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』で、日本語版のヘビ役の声を担当。'16 年夏に公開予定の映画『シン・ゴジラ』への出演も決まっている。たけのうち・ゆたか 現在公開中の映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』で、日本語版のヘビ役の声を担当。'16 年夏に公開予定の映画『シン・ゴジラ』への出演も決まっている。かつての親友・航平からの着信に胸騒ぎを覚えた中原(竹野内豊)は、彼の故郷に向かう。しかし、航平はすでに亡くなっていて、町は前代未聞の曳山の譲渡に揺れていた。監督/石橋冠 脚本/吉本昌弘 1月9日全国公開。(C)2016「人生の約束」製作委員会

テレビ全盛期を支えたドラマ界の名監督・石橋冠さんが、生涯にたった1本だけと撮影に臨んだ映画『人生の約束』。西田敏行さん、ビートたけしさんなど、石橋監督の名の下に錚々たる俳優陣が揃うこの作品で、主人公を演じたのが竹野内豊さん。

「驚くほど豪華ですよね。あらためて観た時、ここに俺いるけど、本当に俺か? と思いましたから」

笑いながらも口調は妙に真面目で、そこに竹野内さんの人柄が滲む。演じたのは、会社の拡大にしか興味のないCEOの中原だ。かつての親友の死をきっかけに、彼の故郷・富山の港町を訪れた彼は、そこに暮らす人々と関わっていく。そのなかで、彼らが曳山祭りに懸ける情熱に触れ、少しずつ変化していくのだが、「台本を読んだ時点では、僕にはわからないことだらけでした」と漏らす。

「中原も僕も完全にシティボーイで(笑)、祭りを体感したことがないんです。だから、町の人々が自分の命に代えてでも曳山を守りたいとまで思う価値観が掴めなかったんです。曳山を引く意味の“つながる”が、映画のなかでもキーワードになっていますが、文字の響きとして素敵だとは思えても、深い部分までは理解できなくて。それで、撮影前に正直に冠さんにそれを言ったら、『俺にもわからない。だからこそ映画にしたい』とおっしゃったんです。それがとても印象的でした」

クライマックスでは中原も共に、最大重量8tの曳山につながる。

「セリフにもありますが、つながってみないとわからない感覚はありました。引き手に手をかけて、その重さや大きさを感じて、周りの人と気持ちがひとつになる。そして曳山を通じて、360年受け継いできた過去の人々とか、自分の先祖とか、その周辺一帯のすべてとつながるような。ただ、曳山を引いて坂を上がっていくんですが、途中で片足だけパンパンになって、撮影が終わった瞬間は、そこに気持ちが逸れていて“やりきった”みたいな気持ちにはなれなかったです。まあ、その自信と不安とを行き来してる感じでいいのかなって思ってもいるんですけど」

◇たけのうち・ゆたか 現在公開中の映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』で、日本語版のヘビ役の声を担当。'16 年夏に公開予定の映画『シン・ゴジラ』への出演も決まっている。

◇かつての親友・航平からの着信に胸騒ぎを覚えた中原(竹野内豊)は、彼の故郷に向かう。しかし、航平はすでに亡くなっていて、町は前代未聞の曳山の譲渡に揺れていた。監督/石橋冠 脚本/吉本昌弘 1月9日全国公開。(C)2016「人生の約束」製作委員会


※『anan』2016年1月13日号より。写真・津留崎徹花 スタイリスト・壽村太一(SIGNO)ヘア&メイク・佐々木恵枝(シルフ) インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)