マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

“隣のお姉さん”的美女 正統派アイドルApinkから目が離せない!

2016.01.13 JAN 08:00
エーピンク ‘11年、韓国でデビュー。歴代最多の新人賞を受賞。‘14年「Mr.Chu」で、韓国の5大音楽番組で1位を獲得し、同年秋、日本デビュー。今年2月10日、LIVE DVD&Blu‐ray『Apink 1st LIVE TOUR 2015~PINK SEASON~』発売。17日、20日に大阪・東京でファンミーティング開催予定。

日本の黎明期アイドルにも通じる透明感&ピュアなオーラを放つ、Apink。セクシーコンセプトが主流のK-POP界で、一貫して清純派路線をひた走る、正統派アイドルの代表です。

真っ白なワンピースや制服、パステルカラーのミニスカートをヒラヒラ揺らしながらキュートに踊る姿は、地上に舞い降りた妖精そのもの。一方、ステージを下りれば、優しくて明るい“隣のお姉さん”的親近感が。

デビュー前から共同生活を送っている6人はとにかく仲良し! 今回の取材現場でも、髪や衣装の乱れを直しあったり、大声で歌いだしたチョロンにウンジがハモり、それに合わせてボミが即興ダンスを踊ったり、突然ゲームを始めたりと和気あいあい。意外だったのは、年下メンバーが年上メンバーに敬語を使っていたこと。“親しき仲にも礼儀あり”がApink的仲良しの秘訣のようです。

Q.一番サービス精神旺盛なのは?

ナウン:ファンへのサービスだったら、全員一致でボミさんだよね。

ナムジュ:時々、やりすぎ(笑)。

ボミ:(笑って可愛く)オイッ!

ウンジ:愛情表現がホントにうまいの。私なんかは恥ずかしくてできないことも、平気でやるし。

ボミ:(チュッチュッとファンに投げキスするふりをしながら)メンバーに対してはナムジュかな。ナムジュのマッサージは最高だもん!

チョロン:スタッフさんとかマネージャーさんにもやってあげてるよね。

ハヨン:宿舎ではチョロンさんが一番。この前、私の洗濯ものを全部きれいに干しておいてくれたの。

ナムジュ:確かに。料理もしてくれるし、掃除もしてくれるもんね。

チョロン:家事は得意だから。ご用命はこちらにご連絡を~!(笑)

Q.一番、聞き上手なのは?

ウンジ:ナウン! 

ボミ:私もナウン! 自分がどんなに疲れていても、いつも笑って話を聞いてくれるから。辛い時に笑顔でいるって簡単なことじゃないのに。

ナウン:そうかな、えへへ。

ハヨン:私のマシンガントークもニコニコ聞いてくれます。あと、ナムジュさんも、私たちが「こんなことされた」「あんなことされた」って愚痴ると、本人の3倍くらいの勢いで一緒に怒ってくれるでしょ?

全員:そうそう!

ナムジュ:それ、聞き上手じゃなくて、ディスり上手じゃない?(笑)

チョロン:(笑)。最終的には、文句言ってた本人が「もう大丈夫だから、ナムジュはそれ以上怒らなくていいよ」って言っちゃうもんね。

ナムジュ:それが作戦だもん。ふふ。

Q.一番、褒め上手なのは?

ウンジ:ボミ! オーバーリアクションで「おぉ〜! すごい〜! ほんと〜?」の三段活用(笑)。

チョロン:賛成。でも私たちって褒めるのはあんまり上手じゃないよね。なんか照れくさくって。

ボミ:そうだね。全員、「褒められて伸びるタイプ」なのにねえ。

ハヨン:私は、ウンジさんに歌がうまくなったって言われると、もっと頑張りたくなっちゃう。単純かな?

◇エーピンク ‘11年、韓国でデビュー。歴代最多の新人賞を受賞。‘14年「Mr.Chu」で、韓国の5大音楽番組で1位を獲得し、同年秋、日本デビュー。今年2月10日、LIVE DVD&Blu‐ray『Apink 1st LIVE TOUR 2015~PINK SEASON~』発売。17日、20日に大阪・東京でファンミーティング開催予定。


※『anan』2016年1月20日号より。写真・細見裕美(go relax E more) 取材、文・酒井美絵子

(by anan編集部)