マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

スガ シカオ「歌えるまで10年かかった」 魂の一曲、その秘話

2016.01.13 JAN 20:00
1997年デビュー。翌年SMAPの『夜空ノムコウ』の作詞を手がけて注目の存在に。これまでリリースしたオリジナルアルバムは全てTOP10入りの記録を持つ。'11年に独立し、インディーズで音楽活動を継続。昨年5月にメジャー復帰作となるシングル『アストライド/LIFE』をリリース。シャツ¥22,000(n(n)BY NUMBER(N)INE TEL:03・6416・3503) その他はスタイリスト私物1997年デビュー。翌年SMAPの『夜空ノムコウ』の作詞を手がけて注目の存在に。これまでリリースしたオリジナルアルバムは全てTOP10入りの記録を持つ。'11年に独立し、インディーズで音楽活動を継続。昨年5月にメジャー復帰作となるシングル『アストライド/LIFE』をリリース。シャツ¥22,000(n(n)BY NUMBER(N)INE TEL:03・6416・3503) その他はスタイリスト私物6年ぶりのオリジナルアルバム『THE LAST』(SPEEDSTAR RECORD)は1月20日リリース。小林武史との共同プロデュースで、自己の集大成となるアルバムを完成させた。スペシャルDVDと“ガス カシオ”ぬいぐるみ付きの完全生産限定盤(¥8,000)、スペシャルCD付きの初回限定盤(¥3,800)と通常盤(¥3,000)の3形態で発売される。

昨年まで活動の場をインディーズに移し、一人で音楽制作をしていたスガシカオさんが再びメジャーシーンに復帰。6年ぶりにアルバム『THE LAST』をリリースする。

様々な経験や新しい仲間との出会いを糧に完成した最新作は、自分の音楽ともう一度純粋に向き合った“むき出しのスガ シカオ”の存在感に圧倒されるものになった。

――アンアンに出ていただくのは、かなり久しぶりですね。

スガ:ですよね。’11年から雑誌にはほとんど出ていなかったから、スガシカオはお休みしていると思われていたんじゃないかな。インディーズに戻り、全部一人でやり始めて、日々の仕事をこなすことに精いっぱい。事務的なことも…たとえば、今日みたいにアンアンのインタビューを受けるとしたら、依頼のメールに返事するとか、場所や時間を決めるとか、ギャラをどうするとか…とにかく全部やらなくちゃいけなかった。法務局にも毎日のように通っていたんですよ(笑)。その間もライブを企画したり、シングルを何曲か発売したんだけど、アルバムを作る気持ちにならなくて逃げていたんです。

――それはどうしてですか?

スガ:次に出すアルバムは自分の集大成的な作品になる、とファンに宣言していたので、それほどのものを作るのが怖くてできなくて…。でも「アストライド」という曲ができ、この曲の世界観を囲むようなアルバムを作りたい、と思いました。この曲の原案みたいなものは10年前からあったんだけど、何度トライしても歌えなくてね。思うように歌えるまで10年かかった。

――え、10年も!

スガ:メロディでもないし、HIPHOPでもないし、字余りで歌うところにグルーヴ感がある独特の曲なんです。10年かけて、これ! と思うものがようやく日本語で表現できたと思う。自分はこんなふうにいきたい、という気持ちや感覚を、そのまま歌詞にしています。さらに、プロデューサーを小林武史さんにお願いすることになってやっと、曲作りに集中するぞ、と前向きな気持ちになれましたね。

――このアルバムを、自ら“J‐POPになる前のスガ シカオ”と紹介されています。でも、1度目のメジャーの際にリリースしている『あまい果実』や『19才』などは、“J‐POP”を感じさせるものではない気がするんですが。

スガ:『19才』のMVは、地上波放送禁止だからね(笑)。そうはいってもやっぱり自分はバランスをとる人間なので、J‐POP的な要素が強くなった時期もありました。だから歌番組にアイドルと一緒に出ても“わ! この人、違和感ある”みたいなことはなかったと思うんです。『午後のパレード』とか『コノユビトマレ』なんかは世の中にドンと出しても放送禁止にはならないし(笑)。でも『THELAST』は、どの曲を歌っても違和感があると思う。この人、大丈夫? みたいな、ね。そこがたぶんJ‐POP以前ということじゃないかな。

◇1997年デビュー。翌年SMAPの『夜空ノムコウ』の作詞を手がけて注目の存在に。これまでリリースしたオリジナルアルバムは全てTOP10入りの記録を持つ。'11年に独立し、インディーズで音楽活動を継続。昨年5月にメジャー復帰作となるシングル『アストライド/LIFE』をリリース。シャツ¥22,000(n(n)BY NUMBER(N)INE TEL:03・6416・3503) その他はスタイリスト私物

◇6年ぶりのオリジナルアルバム『THE LAST』(SPEEDSTAR RECORD)は1月20日リリース。小林武史との共同プロデュースで、自己の集大成となるアルバムを完成させた。スペシャルDVDと“ガス カシオ”ぬいぐるみ付きの完全生産限定盤(¥8,000)、スペシャルCD付きの初回限定盤(¥3,800)と通常盤(¥3,000)の3形態で発売される。


※『anan』2016年1月20日号より。写真・森滝 進(まきうらオフィス) スタイリスト・大村鉄也 インタビュー、文・北條尚子

(by anan編集部)