マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

土田晃之が女性の怖さに警鐘「女性は友情より恋愛」

2016.01.26 JAN 14:00
「フレネミーは女性の敵であり、女社会の中心人物」と、土田さん。

「あなたがいいならそれでいいけど」は、坂上忍さんと土田晃之さんが毎週異なるテーマに小気味よく回答する『anan』人気連載。

今回のテーマは、「フレネミー」。フレンド(友達)+エネミー(敵)の造語である「フレネミー」は、親友を装い、聞き出した情報をネタに、陰で根も葉もない噂や悪口を触れ回る迷惑な存在。土田さんはどうお考えなのでしょうか?

*  *  *

2015年の新語・流行語大賞にノミネート? そもそも流行語の定義もよく分からないですけどね~。

このことば自体は新しいのかもしれないけど、やっていることは、とうの昔からあるワケで。嫉妬、ウワサ、陰口…、まさに女性特有の世界。男社会でこんなえげつないことやっていたら、たちまち干されますから。男って小さい頃から“男らしく”って育てられているので、こういう汚い真似するのはカッコ悪い。裏でごちゃごちゃ言ってんじゃねぇよってなるんです。

チャラい男は例外として、たいがいの男性って友達の彼女は恋愛対象から外すものだけど、女性って、たとえ親友の彼氏でも「だって好きになっちゃったんだもん」とか言って、平気で恋愛を優先しますよね。友情より恋愛。そこが男と違うところかなぁ。

面倒なのは、こういう全女性の敵みたいな人がじつは女社会の中心にいたりするんですよ。自分の努力でステップアップしていくのではなく、誰かを蹴落として上に上がる。くれぐれも巻き込まれないように気をつけるしかないよね。

◇つちだ・てるゆき 芸人。『こそこそ チャップリン』(テレビ東京土曜26:10~)、『欅って、書けない?』(テレビ東京日曜24:35~)、『日曜のへそ』(ニッポン放送)ほか、出演番組多数。


※『anan』2016年1月27日号より。文・神保亜紀子(C)FilippoBacci

(by anan編集部)