マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

“ネコ親戚”を作ろう! 猫好き話題のプロジェクト『キャッツイシュー』とは

2016.02.11 FEB 12:00
太田メグさん+コムタンさん。猫偏愛のクリエイターたちが保護活動をサポート。太田メグさん+コムタンさん。猫偏愛のクリエイターたちが保護活動をサポート。この日は太田さんに甘えんぼモードのコムタンさん。得意技の立ち姿も目撃できず、残念~!猫への偏愛を爆発させた新聞『The Cat's Whiskers』。2013年8月に創刊。表紙はポップアップストアのチラシデザインに。『Cat‘s ISSUE POP-UP STORE』で購入したお客様のショッパーにつけるのし紙。イラストのモデルはコムタンさん!

猫好きの間で話題のプロジェクト「Cat’s ISSUE」。『伊勢丹 新宿店』(2/17~3/1)などでポップアップストアを開催。でも、実際は何をテーマに、どんな活動をしているの? 主宰者の太田メグさんにインタビュー!

「コムタンが家に来てから、私の友達のゆーないとも猫と暮らし始め、彼女を介して坂本美雨ちゃんと知り合ったり、猫好きの輪がどんどん広がっていって。猫会いたさにお互いの家を行き来するようになり、長く留守にする時にはお互いに猫のお世話をしたり、親密になりましたね。“ネコ親戚”って言ってます(笑)」

その“ネコ親戚”のクリエイターたちを中心に生まれたプロジェクトが「Cat’s ISSUE」。結成のきっかけのひとつには、2011年3月11日に起きた東日本大震災があった。

「被災地ではたくさんの猫や犬たちが取り残され、行き場を失っていることを知り、そういった犬猫のために何かできないかと思いました」

まずは野良猫や犬を保護し、里親探しを行っている団体があることを知ってもらうために、もともと知り合いだったという「ミグノン」の活動のサポートを開始。

「私はイベントやグッズを企画したり、イラストレーターのメンバーはイベントでステッカーなどのイラストを描き、美雨ちゃんはイベントで歌ってくれたり。各メンバーが得意ジャンルで猫愛を炸裂させつつ、楽しみながら支援しています。SNSもかなり活用していて、知らない人でもかわいい猫写真を見つけたらみんなで“いいね!”を押しまくったり(笑)。結構見てるんですよ」

ストイックになりすぎず、気軽に参加できることがモットー。

「細々と長く、地道にお金を集めながら保護活動を応援していけたら。家族を必要としている猫がいることをみんなに知ってほしいんです」

『Cat’s ISSUE POP-UP STORE』で人気のステッカーのモデルは、SNSで人気の猫さまや動物保護団体ミグノンから巣立った猫さまたち。売り上げの一部はミグノンへの支援になっています。

◇太田メグさん+コムタンさん。猫偏愛のクリエイターたちが保護活動をサポート

◇この日は太田さんに甘えんぼモードのコムタンさん。得意技の立ち姿も目撃できず、残念~!

◇猫への偏愛を爆発させた新聞『The Cat's Whiskers』。2013年8月に創刊。表紙はポップアップストアのチラシデザインに。

◇『Cat‘s ISSUE POP-UP STORE』で購入したお客様のショッパーにつけるのし紙。イラストのモデルはコムタンさん!


※『anan』2016年2月17日号より。写真・丸尾和穂 文・野尻和代

(by anan編集部)