マガジンハウスananからニュース配信!
beauty

センサーで肌状況を見極める! マキアージュ新作が秀逸すぎる

2016.02.22 FEB 20:00
MAQuillAGE 左・ドラマティックスキンセンサーベースUV 右・ドラマティックスキニーフィルムリキッドUV “素肌っぽいのに女っぽい”をテーマに、夏の過酷な肌環境でも美肌&美形印象を快適に保てる工夫が満載のリキッドファンデーション(全7色)とメイク下地(1種)が登場。共にオープン価格 2月21日発売(資生堂TEL:0120・30・4710)

気になるコスメの開発秘話をお届けする「Cosme Labo」。今回ご紹介するのは、MAQuillAGEの「ドラマティックスキンセンサーベースUV」と「ドラマティックスキニーフィルムリキッドUV」です。

100年前と比べ、現代の気候は平均湿度が約20%減少し、気温は約1.6度上昇したといわれている。エアコンの普及も重なり、肌を取り巻く環境はどんどん過酷化。その結果、女性たちの夏のニーズは“化粧もちの良さ”が、トップに挙げられている。

「『ドラマティックスキンセンサーベースUV』は、過剰な皮脂と肌に必要なうるおいに自動的に反応して美しさを保つ“センサー機能”に優れた、マキアージュ史上最もくずさないメイク下地です」(マキアージュ・ブランドマネージャー・畠山真紀さん)。

メイクくずれの要因といえば、まずは皮脂。このメイク下地は皮脂オートブロックパウダーが肌に必要な油分は固めずに、過剰な皮脂のみを感知して固め、ファンデーションのテカリやヨレを防いでくれる。

「また、資生堂で初となる“ウオーターセンサージェル”も配合しました。肌の表面に網目状のネットワークを形成し、肌を取り巻く環境の水分量が多くなると網目を広げ、隙間から水分を通気させる特徴があるんです。逆に、湿度が低いときは網目が狭くなり、肌から水分が逃げるのを防ぎます。屋外では高温多湿、室内は冷房による乾燥が激しい現代社会の中でも、肌のうるおいバランスをベストに保つことができ、メイクくずれを防ぎます」

そして、同時発売されるリキッドファンデーションも、メイク下地に負けないほどハイテク。

「付属のスポンジを使い、フェイスラインを持ち上げるようになじませます。すると、ファンデーションの膜が持ち上がったように密着して固定され、輪郭がリフトアップして見えるんです。小顔効果も得られますよ」

もちろん、くずれにくさも秀逸。素肌っぽいのにキレイな仕上がりや開放的な使用感も、アンアン読者のツボにハマるはず!

◇ MAQuillAGE 左・ドラマティックスキンセンサーベースUV 右・ドラマティックスキニーフィルムリキッドUV “素肌っぽいのに女っぽい”をテーマに、夏の過酷な肌環境でも美肌&美形印象を快適に保てる工夫が満載のリキッドファンデーション(全7色)とメイク下地(1種)が登場。共にオープン価格 2月21日発売(資生堂TEL:0120・30・4710)


※『anan』2016年2月24日号より。写真・田村昌裕(FREAKS) 取材、文・安井千恵

(by anan編集部)