マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

土田晃之「平凡=真ん中にいることが幸せ」その持論が深すぎる!

2016.03.13 MAR 22:00
つちだ・てるゆき 芸人。『こそこそチャップリン』(テレビ東京土曜26:10~)、『欅って、書けない?』(テレビ東京日曜24:35~)、『日曜のへそ』(ニッポン放送)ほか、出演番組多数。

「あなたがいいならそれでいいけど」は、坂上忍さんと土田晃之さんが毎週異なるテーマに小気味よく回答する『anan』人気連載。

今回のテーマは、「平凡イヤガール」。仕事も友達も生活レベルもすべてが平均値。面白いエピソードも個性もなく、とにかく“普通”すぎる自分がイヤ。今からでも変わった人になりたい願望がある人のこと。土田さんの意見は?

*  *  *
きっとこの人は、どんな生活スタイルでも「イヤ!」って言ってそう。でも、上でも下でもない中間にいることが、じつは一番幸せ。平凡って、幸せなんです。

上にいけばいくほど、背負う社会的責任やプレッシャーは大きい。お金はあるかもしれないけど、非凡な毎日を送らざるを得ない。それに、上を知った人って、みんな「こんなものか」って言う。…意外と、頂上はつまらないのかも? そういう意味でも、中間層ならではの夢と希望があるとも言えるわけで。平凡な暮らしをしながら、“普通よりちょっといい生活”を目指すのが理想。ちょっと頑張ろう、という幸せ感。いちばん夢がありますよね。

平凡がイヤだからって、頑張って背伸びしたとしても、たぶん無理。非凡を望むなら、とっくに子供のときに頭角を現しているはずなんです。つまり、今さら務まらないんですよ。平凡=真ん中にいることが幸せなんだってことに、気づいた方がいいんです。僕自身もそう思っているんですけど、そこが自分に見合った場所だってこと!

◇つちだ・てるゆき 芸人。『こそこそチャップリン』(テレビ東京土曜26:10~)、『欅って、書けない?』(テレビ東京日曜24:35~)、『日曜のへそ』(ニッポン放送)ほか、出演番組多数。


※『anan』2016年3月16日号より。イラスト・3rdeye 文・神保亜紀子

(by anan編集部)