マガジンハウスananからニュース配信!
entertainment

イモトアヤコ「安室ちゃんになったと妄想して生活していた」デビュー前を語る

2016.03.16 MAR 12:00
'86年生まれ。『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)で珍獣ハンターとして注目される。自身の原動力となっている言葉を集めた書籍『イモトの元気の素88の言葉』(日経BP社)が発売中。シャツ¥17,000 パンツ¥24,000(共にC'est pas Grave/SOIco.,ltd TEL:03・6300・7680) シューズ¥12,800(enchanted/Grande TEL:03・6231・7361)

テレビ画面に映るのは、いつも新しい何かに挑み続ける姿。死にもの狂いで珍獣から逃げまくり、泣きながら山を登る。いつでも必死なイモトアヤコさんのその姿は、視聴者に笑いと勇気を与えてくれます。

太い眉毛メイクと“珍獣ハンター”の肩書は、トレードマークとして定着。唯一無二のその座をどう目指して、どうつかんだのでしょう。イモトさんの運命を決定づけた出会いについてご本人に語っていただきました。

* *  *

「いやいや、珍獣ハンターを目指していたわけではなくて(笑)。そもそも何かをつかみ取ろうなんて野望は一切ない人間ですから。ただ小さい頃から、テレビに出る人になりたいなぁと思っていたし、アイドルになった自分を妄想するのが大好きでした。私が厄介なのは、『安室ちゃんになりたい』じゃなく『安室ちゃんになった』と妄想して生活していたこと。芸人養成所時代も芸能人に『なって』マスクにサングラス、帽子を深々とかぶって通っていたので、同期全員にバカにされてました。そんなある時、何も知らずに受けたオーディションで、足が速いってだけで珍獣ハンターに選ばれた。なれるもんですね(笑)」

初仕事はインドネシアで、コモドドラゴンから逃げ切ること。

「怖かったし死ぬかと思ったし、何回も泣きました。正直、なんで自分がこんなことしなくちゃいけないのか、帰国しても全然わかりませんでした。でも編集室に呼ばれて、コモドドラゴンに追いかけられる自分を初めて映像で見たらめちゃくちゃ面白かった! そこで、なるほどそういう仕事か、と納得したんです。あれから10年、今では、珍獣ハンターと呼ばれれば躊躇せずに虫も食べるし、ライオンの頭をワシワシとなで回せる。珍獣ハンターというお仕事との出会いこそが、芸人イモトアヤコを作ったすべてです」

「そういう運命の出会いって、向こうから寄ってくるものかもしれない」とイモトさん。

「キリマンジャロ登山の話がきた時、また絶妙にツラい仕事を上手に見つけてきたな~って思いました(笑)。でも登ってみたらイモトは高山に強いぞってことがわかったし、いざ始めれば頂点を目指している自分がいて、しかも登れちゃうんですよね。私は断れない性格で超イエスマンだから、どんな仕事やお誘いにもイエスと言って受けてきたらここまでこられた。楽観的なんです。でもイエスと言ったからにはプライドを持ってやり抜こうと決めています」

◇イモト・アヤコ '86年生まれ。『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)で珍獣ハンターとして注目される。自身の原動力となっている言葉を集めた書籍『イモトの元気の素88の言葉』(日経BP社)が発売中。

◇シャツ¥17,000 パンツ¥24,000(共にC'est pas Grave/SOIco.,ltd TEL:03・6300・7680) シューズ¥12,800(enchanted/Grande TEL:03・6231・7361)


※『anan』2016 年3月23日号より。写真・細見裕美(go relax E more) スタイリスト・下平純子 ヘア&メイク・鈴木京子(ロッセット/イモトさん) 取材、文・ 若山あや

(by anan編集部)